• normalize lab

知って得するDTM

最終更新: 2019年8月17日

ドラムの音色やパターンの打ち込みをしっかり作りこむことでその上に積んでいく楽器の役回りが決めやすくなる。 ドラムそしてベースの細部を後回しにしておくとろくなことがない。 ドラムに関しては生だろうがエレクトロだろうがとにかくピッチが大事。 #音楽制作 #サウンド制作


0回の閲覧
normalize-lab-ロゴのみ_edited.png

〜音楽制作、サウンド制作

お問合せ info@normalize-lab.tokyo